ウォッチファン-ロレックスに関する情報満載!日本最大級時計好きのサイト

ウォッチファンドットコム 日本最大級時計好きのサイト

今週のロレックス情報 ロレックス エクスプローラーI Ref.214270

エクスプローラーI/新旧ダイヤル比較!!
 エクスプローラーI/Ref.214270の新ダイヤルが流通を開始した!
 早速、今年のバーセルワールドで発表された新ダイヤルと旧ダイヤルの比較を行った。
 果たして、どのような改良が加えられたのだろうか!?
--------------------------------------------------------------------------------------
エクスプローラーI とは?
1953年の人類初のエベレスト登頂の歴史的偉業を称え、「探検家」を意味するエクスプローラーが発表された。 過酷な環境下での最高の視認性を確保するため、一切の装飾が省かれたシンプルな意匠と精度を追求した、まさに冒険者のための時計だった。 その後もアップデートを繰り返し、今もなお進化を続けている。

それでは、新旧ダイヤルのディテールの違いを見てみよう。


ダイヤル
ロレックス エクスプローラーI Ref.214270 ロレックス エクスプローラーI Ref.214270 大きな違いは、「3・6・9」インデックスである。
旧型の「3・6・9」には夜光塗料はなく、ソリッドなメタルインデックスになっているが、新型には新夜光「クロマライト」が塗布されている。
他には、指針の大型化が確認できる。
旧型は、文字盤のミニッツスケールに届かない短い針が採用されていたが、新型ではしっかりと目盛りまで届く長い針に変更されている。
旧ダイヤル 新ダイヤル

ダイヤル/暗所
ロレックス エクスプローラーI Ref.214270 ロレックス エクスプローラーI Ref.214270 暗所で比較すると、夜光塗料が塗布された新型ダイヤルの「3・6・9」インデックスが浮かび上がる。
暗闇での視認性が向上していることがはっきりと分かる。
旧ダイヤル 新ダイヤル

ケースサイド/3時側
ロレックス エクスプローラーI Ref.214270 ロレックス エクスプローラーI Ref.214270 リューズは、同様のツインロックタイプが採用されており、変化は見受けられない。
旧ダイヤルモデル 新ダイヤルモデル

ケースサイド/9時側
ロレックス エクスプローラーI Ref.214270 ロレックス デイトナ Ref.214270 ケース表面はサテン仕上げ、側面にはポリッシュ仕上げが施されており、仕上げ・ケース形状などの仕様変更は見受けられない。
旧ダイヤルモデル 新ダイヤルモデル

バックル
ロレックス エクスプローラーI Ref.214270 ロレックス エクスプローラーI Ref.214270 2010年のモデルチェンジより採用された堅牢かつ高級感のあるバックル。中板は全面にポリッシュ仕上げが施される最新仕様になっている。
バックル内部には、ユーザー自身で微調整(約5.0mm延長)可能なイージーリンクが備えられている。
※旧ダイヤルモデルは、年式によって中板の仕上げが異なる。
旧ダイヤルモデル 新ダイヤルモデル

念のためケースやブレスレット、バックルについても比較したが仕様変更は見受けられなかった。今回は、以前より指摘が多かった指針を改良したマイナーチェンジである。
--------------------------------------------------------------------------------------
 今回の新旧ダイヤル比較では、新ダイヤルへの変更は視認性を高めるためのブラッシュアップが目的だったことが分かる。新ダイヤルの流通は、まだまだ少ないようだが、ここで注目したのは、旧ダイヤルの動向だ。白いペイントも夜光塗料も塗布されていない「3・6・9」インデックスは、2010年〜2016年製造モデルだけの仕様(ブラックアウト)として今後注目を集めそうだ。
 現在、ダイヤルの違いで価格差は生じていないので、どちらを選ぶかは好みの問題だが、新型派と旧型派で大きく意見が分かれそうである。
--------------------------------------------------------------------------------------
このコーナーで取り上げてほしい話題などありましたら、
こちらまでメールください。 お待ちしております。


まだまだあります ウォッチファンの大人気コーナー
コレクション
皆さんが愛用している自慢の腕時計を紹介
世論調査
ロレックスやブランド時計に関するリサーチ
ロレックス通への道
ロレックスの世界を丁寧にレクチャー
トップページへ|ロレックスの修理|スクリーンセーバー